Intel/AMDのQ1 22決算とロジック半導体市況動向

スポンサーリンク

おせわになっております。前回の更新から日が空いてしまいました。。

今回はロジック半導体大手Intel(ティッカー $INTC)およびAMD(ティッカー $AMD)の2022年Q1決算とロジック半導体の市況動向について解説いたします。

スポンサーリンク

ロジック半導体の市場規模

IntelとAMDはCPUなどに代表されるロジック半導体の大手メーカーです。メイン市場はPCとサーバー、一部ゲームコンソールや特殊用途も含まれます。一方、スマートフォンのSoCなどにおけるシェアはありません

経済産業省によりますと、ロジック半導体の市場規模は半導体の全品種のうち半分近くを占めており、また、PCとデータセンターは半導体市場のざっと4割を占めています(下記画像引用 経済産業省『半導体戦略 2021年6月)。

IntelとAMDの事業部について

続いて、IntelとAMDのそれぞれの事業部についてか簡単に解説します。決算資料の数字を見る上で、例えばPC向けCPUやサーバー向けプロセッサがどの事業部にどこ向けの売上に含まれているか知るために必要です。

Intelの事業部

Intelの事業部の区分は以下です(参考 Intelが2つの事業部門を新設、コンピューティングの加速やソフトウェアビジョンの推進を目指す)。

・CCG(Client Computing Group): 一般向けPCのCPU
・旧DPG(Data Platform Group): データセンター向けプロセッサ、今期より以下に分割
DCAI(Data Center and AI): Xeonサーバープロセッサなど
NEX(Network Edge Group): エッジサーバーなど
AXG(Accelerated Computing Systems and Graphics Group)
→Arc A(XeアーキテクチャのモバイルGPU)など
・Foundry: 半導体受託製造
・Mobileye: 車載

AMDの事業部

・Computing and Graphics: 一般向けPCのCPU/GPU
・Enterprise, Embedded and SemiCustom: サーバー向けとゲーム(Play Station, Xbox)
・Xilinx: 買収したFPGAメーカー、Intelが過去に買収したALTERA(旧PSG)に相当

IntelおよびAMDのQ1 22の決算とロジック半導体市況

IntelおよびAMD両社の決算数字とそこから読み取れるロジック半導体市況について解説いたします。

Intel Q1 22の決算

Intelの2022年Q1(1月ー3月期)の決算結果です(non-GAAP)。

売上 $18.4B YoY -1%
粗利率 53.1% YoY -5.7ppt
営業利益率 23.1% YoY -12ppt
EPS $0.87 YoY -35%
*データいずれもIntel Financial Infoより
売上の推移を事業部別ごとに色分けして示すと下記のようになります。Intelは売上としては最大級の半導体メーカーですが過去三年間、大きな売上成長はありません。なお2021年Q1からSK hynixに売却したNSGというNANDフラッシュビジネス分が約$1B程度売上から差し引かれています。

AMD Q1 22の決算

AMDの2022年Q1(1月ー3月期)の決算結果です(non-GAAP)。

売上 $5.89B YoY +71% *Xilinx売上を含む、含まない場合 / YoY +55%
粗利率 53% YoY +7ppt / *51% +5ppt
営業利益率 31% YoY +9ppt / *30% +8ppt
EPS $1.13 YoY +117%
*データいずれもAMD Financial Infoより
同じように売上を事業部別に色分けして示すと下記のようになります。Intelと異なり、きれいな右肩上がりです。なお今期から買収したXilinxというFPGAメーカーの売上分が約$560M程度乗っています。

IntelとAMDの売上成長率の比較

IntelとAMDの売上成長率をグラフで比較すると下記のようになります。なお、Q2 22および2022年通算の成長率は両者の最新の売上ガイダンスに基づきます。

WSTSによると2021年の世界半導体出荷額成長率は前年比 +26%、うちロジック半導体は+30%でした。さらに2022年の出荷額成長率見込みは+10%でロジック半導体は+17%を見込んでいます(参考WSTS has published the Q4 2021 market figures and recalculated the Fall 2021 Forecast)。

一方でIntelの2022年通年の売上成長ガイダンスは+2%、AMDは+60%です(Xilinxを含まない場合30%台中盤程度の模様、1月のガイダンス+31%から上昇)

(Lisa Su / AMD CEO) On the organic side of the AMD business, we originally guided up 31% based on what we saw in the market in January. As we look at the market now and our own sort of customer and supply situation, we see that organic growth higher, into the mid-30s. That’s primarily driven by very strong demand in our Server business, very strong demand in our Console or Semi-Custom business, additional supply coming online. We have taken a bit more of a conservative perspective on the PC market.
引用 – AMD Earnings Call Q1 22

上記の成長率をベンチマークとすると、AMDが圧倒的な成長を見せている一方で、Intelの成長は頭打ちになっているように見えても仕方有りませんね。

Intel・AMDのPC向け売上の分析

これまで両社の全体の売上を見てきましたが、半導体市場の大きなパイをしめるPCおよびサーバーにそれぞれ細分化して数字を見ていきたいと思います。まずはPCです。

IntelのPC向け売上・収益率はYoYおよびQoQで低下しています。理由としては、M1 Macbookにシェアを奪われた、エントリーモデルのPCや教育向けPC/タブレットの需要が軟化し顧客が在庫調整を行っていることが挙げられています。さらに10nmのプロセッサの立ち上げ費用とその後継品への投資費用も理由とされています。

一方でAMDは高性能・高価格帯、ゲーミングPC、業務用PC向けのCPU/GPUに注力したのが功を奏し、YoY/QoQで引き続き二桁%の成長率を維持しています。

しかし、2022年Q1の世界PC出荷台数は前年同期比-5.1%(参考 PC Shipments Begin to Slow Following Two Years of Strong Growth, According to IDC)となっています。PC向けのいわゆるx86プロセッサはIntelとAMDの2社でシェアを持っている状況ですが、両社のPC向け売上を合算すると下記のようになり、Q1の合計売上はYoY -4.7%となっているのです。

PC市場の減速についてはこれまでに私も弊ブログやスペィスにて何度か指摘させていただきましたが、やはりCPU市場を寡占している2社の上記の数字を見る限りこれはもう間違いないと言えると思います。

AMDは高価格帯へ注力していたり、またIntelとの市場シェアの差もまだまだ大きいので、シェアを引き続き奪うことで成長は期待できますが、既に成熟しているPC市場とコロナによる在宅特需終焉の反動を考えるとこの分野だけに注力するわけにはいかないのでは無いのでしょうか。また、近年のAMDの躍進はIntelが14nm世代→10nm世代へのプロセス移行に手こずっている間に、AMDはTSMCとタッグを組み、最先端のプロセスでパフォーマンス・コスト競争力のある製品をリリースしたことに有ると言われています(参考 インテル復活、CPUシェア8割に 競合AMDは割安感後退)。

しかし、裏を返せばIntelがこの製造におけるボトルネックを克服し、さらに巷で報道されているように一部の製品を大手ファウンドリに製造委託するなどの効率化を進めることができれば再びIntel優位となる可能性もあります。事実、Intelは自社工場で10nm世代のCPUの量産を始めており、さらにTSMCが2022年後半に生産開始する計画の3nmをサーバー向CPU、パソコン向CPU、あるいはデータセンター用GPUを2022年後半か2023年前半から調達開始する計画と言われています。(参考及び下記スクリーンショット 『最近のCPU、GPU市場の動き(サーバー用CPUが伸びるAMD、パソコン用CPUで巻き返すインテル、データセンター用GPUで我が道を行くエヌビディア)』)。

上記x86 CPUシェアスクショの1次ソース Mercury Research: AMD closes 2021 with record x86 CPU market share at 25.6%

(Pat Gelsinger/Intel CEO) We continue to see some match set limitations in areas like ethernet, some softening in low-end consumer PC, and some inventory adjustments, as we discussed on our last call. But overall, the demand signals from customers continue to be robust in areas like enterprise, cloud, AI, graphics, and networking

…(Dave Zinsner / Intel CFO) we continue to see strong end-user demand for our products across each of our business units and we reaffirm our revenue guidance of $76 billion, as lower than previously expected PC revenue is offset by NEX growth and DCAI hyperscale customer strength. More specifically, in our PC business, we continue to see strong commercial demand, offset by low-end consumer and education softness and the impact of no longer shipping to customers in Russia and Belarus. Further, component supply constraints continue to be a challenge with the most recent COVID lockdowns in Shanghai, further increasing supply chain risk and contributing to inflationary pressures that are having a negative impact on PC TAM for the year. As a result, we’re seeing OEMs continue to lower inventory levels to better match demand and align with other system components.
引用 – Intel Q1 22 Earnings Call

Intel・AMDのデータセンター向け売上の分析

続いて、Intel・AMDのデータセンター売上を見てみます。

まずはIntelです。PCと異なり、少し前まで低迷が続いていたもののQ4、Q1と右肩上がりの成長を見せています(ただしQ1から事業部の再編アリ)。今期は事業部の再編はありましたが、ざっと前年比+20%程度の売上成長率だったのではないかと思います。GAFAMなどハイパースケーラーによる投資がインテルのサーバープロセッサーXeonシリーズの売上に寄与した模様です。

収益率は10nm世代の立ち上げ費用により低下しています。しかし、これはPC向けCPU同様、将来的にこれがうまく立ち上がり歩留まりも上がれば、Intelの業績の後押しになると考えられます。

続いてAMDの売上です。AMDは純粋なサーバーだけでなく、Play StationやXboxなどのゲームコンソール向けの売上もこちらに含まれていることに注意です。売上PC向けがまだ高いですが、営業利益額はQ3 21からEnterprise/Embedded/Semi-CustomがPCを上回っています。ゲームに加えて、特にサーバー向けCPUのEPYCがかなり寄与した模様です。さらにAMDは、2022年後半から2023年前半にかけて、サーバー向け5ナノCPUを発売する計画とのことです(参考『2022年1-3月期決算レポート:AMD サーバー向け中心に業績好調続く)。

(Lisa Su/AMD CEO) Semi-Custom sales grew by a significant double-digit percentage year over year based on strong demand for Sony and Microsoft consoles, as well as Valve’s new Steam deck. Sales for this game console generation continued to outpace all prior generations, and we expect 2022 to be a record year for our Semi-Custom business.

We had another record quarter as revenue more than doubled year over year and increased by a double-digit percentage sequentially. We have more than doubled server processor revenue year over year in eight of the last 10 quarters, highlighting the growing demand for our EPYC processors with cloud, enterprise and HPC customers. Cloud revenue more than doubled year over year as hyperscalers expanded their internal infrastructure deployments, and 70 new AMD-powered instances launched from Alibaba, Amazon, Baidu Cloud, Microsoft Azure, Google and others. There are now more than 460 AMD-based cloud instances available from the largest hyperscalers, with additional instances on track to launch in the coming quarters.

In Enterprise, revenue more than doubled year over year with strong growth in key verticals, including IT infrastructure, financial services and database applications. Our sales pipeline continues to be very strong, and we saw our win rate grow in the first quarter across a broad set of Enterprise end customers. We launched our first EPYC processors with 3D-stacked chiplets in the quarter. This technology extends our performance leadership in technical computing workloads by up to 66% compared to our prior generation.
引用 – AMD Earnings Call Transcript

両社の同セグメントの売上を合算すると下記のようになります。ゲームコンソール向けの売上等も含まれてはいますが、PCと異なり引き続き高い売上成長を見せています。

今後のサーバー市場について

2022年の半導体市場はここ2年の牽引役であったPCやスマホがインフレや在宅特需の反動で軟化している為、サーバー市場が唯一の頼みの綱となっていることは既に説明いたしました(下記の過去記事を参照してください)。

TSMC 2022年Q1決算まとめ
大変お世話になっております。 台湾の半導体受託製造最大手、TSMC (台湾セミコンダクターマニュファクチャリング/$TSM)の2022年Q1(1月ー3月期)決算発表がリリースされましたのでポイントを記事にて纏めたく思います。 【売上...
Micron($MU) FY22 Q2決算
おせわになっております。 メモリ半導体大手のMicron Technology(マイクロン/$MU)のFY22 Q2決算発表のまとめ記事となります。 本記事で取り上げるMicron(マイクロン)の決算内容の数字は全てMicron...

しかし、特にデータセンター・サーバー市場は今年だけでなく5年、10年と長いスパンで見ても市場が見込まれる市場です。

一方で、現在及び今後サーバー市場が求める性能などを考えると、これまでの汎用CPUの成長は限られているのではないかという見方もあります。なお、これは結構過激というか、珍しい意見だとは思います。

CPU市場、特にx86系には、将来にあまり大きな夢を抱けない。PC市場は成熟化している。CPU市場をドライブするのはサーバー市場になるが、データセンターは、今後、省エネルギー型でないと建設を認められなくなる可能性がある。既にシンガポールでは、実際にそうなっている。そして、とあるOSAT(Outsourced Semiconductor Assembly and Test:パッケージングからテストまで請け負う製造業者)大手が出したデータセンター用プロセッサーの市場予想は、以下のようなものだ。

x86 CPU:292億米ドル(2020年) → 121億米ドル(2030年)
ARM/RISC-V CPU: 8億米ドル(2020年) → 149億米ドル(2030年)
GPUなどアクセラレーター: 60億米ドル(2020年) → 410億米ドル(2030年)

電力効率が悪いx86系のCPUは、他のCPUに取って代わられ、そしてCPU全体で見ても、GPUなどのアクセラレーターに市場を蚕食(さんしょく)されて成長の果実を奪われることとなる。

引用 – Xilinx買収に成功したAMD、DPUでNVIDIAの牙城を崩せるか

Appleは既にIntelの汎用CPUに別れを告げ、M1という自社設計のCPUに舵を切りました。Appleは独自のOSを使い、iPhoneなど独自のエコシステムが有るわけですが、これをサーバー市場に置き換えて考えると様々な用途、サービスに合わせ最適化されたシステムを構築するためにハイパースケーラーが自社サーバーのCPUを独自開発し始めてもおかしくはないでしょう(参考 Microsoft、自社サーバやSurfaceシリーズ向けの独自プロセッサ開発か──Bloomberg報道)。

少々エクストリームな意見ではありますが、今後も成長が見込まれるサーバー市場で汎用CPUだけをやっていてはジリ貧になる可能性が指摘されています。そこで、Intelであれば製造能力を生かしてファウンドリサービスを始めることを宣言していますし、また数年前にFPGA大手のアルテラを買収しており汎用CPUだけでなくFPGAを組み合わせたソリューションを提供することでAI・ディープラーニングなどに必要とされるアクセラレーターも提供しています。この分野はNvidiaがGPUと買収したメラノックスで非常に強いことは言うまでも有りません。

製造能力を持たないAMDは、今後の成長を維持するためにIntelと同様Xilinxを買収することでディープラーニングなどを担う用途のデータセンター向けに消費電力を抑えながら、さまざまなタスクのアクセラレーションを可能にするソリューションを提供しようと目論んでいるのでは無いでしょうか。

FPGAについて参考になる記事↓

タイトルとURLをコピーしました