Micron(マイクロン) Q1 21決算とメモリ半導体市況

スポンサーリンク

メモリ半導体大手のMicron Technology (マイクロン・テクノロジー: $MU)が2021年1月7日に2020年9月〜11月期の決算を発表しました。2021年に入って一発目の半導体大手の決算発表となります。

本記事ではMicronの決算発表を用いて最新の2021年メモリ半導体市況の見通しを考察したいと思います。

スポンサーリンク

Micron(マイクロン)決算

まずはMicron(マイクロン)のQ1決算の結果を見てみます。

2020年9月〜11月期 Micron(マイクロン)の決算結果
売上高: 予想 $5.66B vs 結果: $5.77B
EPS: 予想 $0.69 vs 結果: $0.71
前年比売上成長: 前年同期比 11% YoY
FQ2 ガイダンス: 売上 $5.8B ± $200M / EPS $0.75 ± $0.07
Micron(マイクロン)は2020年12月に売上・Gross Margin・EPSのガイダンスをそれぞれ引き上げるアナウンスをしていました(マイクロン社プレスリリースより)。今回の売上はそれをさらに上回る結果となりました。
もともと、ある程度コンザバな見通しであったはずが、やはり半導体市場が2020年Q3以降急速に回復したことが大きいでしょう。特にMicron(マイクロン)は2020年9月14日以降Huawei向けの出荷を停止していますが、Huaweiの穴をiPhoneやOppo, Vivo, Xiaomiといった中華系スマホメーカーがカバーし、5Gに後押しされたMobile DRAMと単価の高いゲーム向けGraphic DRAM、および車載・コンスマー市場の回復が目立ちます。
“Micron delivered outstanding fiscal first quarter results, driven by focused execution and strong end-market demand,” said Micron Technology President and CEO Sanjay Mehrotra. “We are excited about the strengthening DRAM industry fundamentals.
Micron Press Releaseより
一方で12月に台湾で発生した地震と電力トラブルがMicron(マイクロン)のFQ2 DRAM供給に悪影響を与えるとしており、それらの事故がFQ2のガイダンスを減速させたとしています。

▪ In early December, two separate events affected our Taiwan DRAM operations
⎼ A power outage at our Taoyuan facility on December 3
⎼ A 6.7-magnitude earthquake off the northeast coast of Taiwan on December 10, felt at both our Taoyuan and Taichung locations
▪ Investments made over the last few years in facilities’ redundancy and cleanroom control substantially mitigated the impact of these two events
These disruptions have, however, reduced our available FQ2 DRAM supply and negatively influenced our costs in the short term
The expected impact of these events is factored into our outlook

決算発表資料より

Micron(マイクロン)の過去の決算動向

過去1年の四半期の動向をグラフにしました(マイクロン社IR資料を基に筆者が作成)。
売上はYoYで10%以上の成長を達成しましたが、FQ4に比べてQoQでは若干の減少となりました。ただし、Micron(マイクロン)のFQ4は6月-8月でFQ1は9月-11月になっている点に注意です。特にHuaweiへの出荷禁止が9月14日から適用されているため前回の決算では駆け込み需要が寄与したと考えられます。
もう一つの売上の減少の要因は後述するCNBUと呼ばれるPC・サーバー向け事業部のQoQ売上減少ですが、これはサーバー顧客がコロナ禍で積み上げた在庫が影響しているのではないかと考えます。

収益性は改善か

FQ1 21のGross Marginは30.1%でメモリバブルが弾けた1年前同期のYoY +3.6%となっています。FQ2ガイダンスでも30%台を示しており、メモリ市場の底堅さを伺わせます。

Micron(マイクロン)自身、DRAM・NANDともに収益性の高いハイエンド市場に力を入れており、また、プロセス開発も積極的に次世代品に投資を続けています。

Micron(マイクロン)の事業部別結果

Micron(マイクロン)は事業部を下記の4つに分けています。

・Compute and Networking (CNBU)
→PC・サーバー向けメモリ事業部
・Mobile Business Unit(MBU)
→スマホ向けメモリ事業部
・Storage Business Unit(SBU)
→スポットマーケット向けなどのSSDやNAND/DRAMコンポーネント
・Embedded Business Unit(EBU)
→コンスマー、ゲーム、車載、産業機器など
以下、それぞれのBUごとの動向を考察します。

Compute and Networking (CNBU)

CNBUの20年9-11月期売上高は前年同期比29%増の$2,546Mでした。ただしQoQでは-16%の下落です。これは、2020年の前半に集中したサーバー顧客の設備投資の需要一服感とコロナのサプライチェーンの乱れでサーバー顧客が積み増していた在庫の影響と、在宅需要によるノートPC特需の反動ではないかと考えられます。

Mobile Business Unit(MBU)

MBUの20年9-11月期売上高はQoQ +3%およびYoY +3%の$1,501Mでした。5Gスマートフォンの販売好調が影響して売上増です(本来ならばもう少しQoQの伸びが大きいが、前QはHuawei駆け込み需要あり)。特にCQ3/CQ4はスマートフォン新規機種の立上りとクリスマスなどのプレゼント需要がありますのでシーズナリティ的にモバイルメモリ半導体の需要が強い時期になります。

Trend Forceによると2020年のWWスマホ出荷数は約12.5億台で、そのうち約20%が5G通信が可能なスマートフォンでした。2021年のWWスマホ出荷総数は13.6億台と予測されており、5Gスマホのシェアは約40%近くにまで上昇する見込みです

5Gスマホはメモリ半導体需要の底上げに寄与します。平均的な(?)4Gスマホの搭載DRAM容量が約6GBなのに対し、5Gスマホに搭載されるDRAMは約8GBと言われています。またストレージの容量上限も256GB〜512GBだったのが、1TB級のNANDを積んだスマホが登場してきています。

Storage Business Unit(SBU)

SBUの20年9-11月期売上高はQoQ 0%・YoY -6%の$911Mでした。これは特にスポットマーケット向けの売上となりますが、NANDは価格が下落基調にあります。

メモリ半導体のスポットマーケットについては過去記事を読んでいただければと思います。

DRAM eXchangeとメモリ半導体価格
台湾Trend Forece社のDRAM eXchangeでメモリ半導体のスポット価格情報を参考に半導体業界の市況を知る方法を解説。Samsung(サムスン), Kioxia(キオクシア), Micron(マイクロン), SK hynix(ハイニックス)など大手半導体メーカーの動向やニュースを知るのに役立つ。

Embedded Business Unit(EBU)

EBUの20年9-11月期売上高はQoQ +24%およびYoY +10%の$809Mでした。コロナで大打撃を受けた車載半導体とコンスマー向けメモリの回復に加えてPS5やXboxといった新型ゲームコンソールの売上が大きく寄与しているでしょう。

特に最新ゲーム機にはGDDR6というタイプの単価の高いGraphic DRAMが使われています。さらにPS5は内蔵ストレージをHDDからSSDに置き換えており、メモリ半導体TAMの底上げに寄与しています。また、仮想通貨のマイニングにも汎用GPUを使うことが知られておりますが、それらのメモリーもGraphic DRAMを使用します。

さらに車載売上も過去最高記録を達成したようです。特に2020年後半の自動車販売需要の回復と一台あたりの半導体搭載容量が増えていることが寄与したのでは無いでしょうか。

車載半導体市場を解説
車載半導体は2021年現在、半導体デバイス総出荷額の約10%程度しか占めませんが、半導体業界では非常に注目されている市場です。この記事ではパワートレイン電動化やADASといった観点から車載半導体市場の成長、また車載半導体のユースケースや代表的半導体メーカーについて解説します。

Micron(マイクロン)の製品別結果

続いて、Micron(マイクロン)の製品別結果を見ていきましょう。Micron(マイクロン)の主力は汎用DRAMおよびNANDのメモリ半導体となっています。

DRAM Q1 2021

・Micron(マイクロン)のQ1売上に占めるDRAM比率は70%
・売上 -7% QoQ、+17% YoY
・Bit出荷 QoQ 1桁%前半の減少 *MicronはFQ4 20にBit出荷を増加させた
・ASPトレンド QoQ 1桁%中盤の下落*Bit出荷とはメモリ半導体の出荷個数数量を表現する際に用いられる。メモリ半導体といってもデバイスにより容量が異なるため、Gbitに換算して計算する。
例) 2Gb DRAM 100個+4Gb DRAM 200個のBit出荷=1000Gb (200Gb+800Gb)

DRAMはQoQでBit出荷も売上も下落、さらにASPも若干の減少となりました。特にCloud Enterprise向けの売上が減速したようです。既述の通り、2020年前半に集中した投資の一服感、またコロナによるサプライチェーン悪影響を恐れた顧客の在庫積増しが影響を与えたのではないかと考えます。
ただ、業界コンセンサスではDRAM価格は底を打ち反発しているとされており、2021年は5Gスマホの需要増や新型ゲーム向けGraphic DRAM、またサーバー顧客の投資再開などが期待できると考えます。

NAND Q1 2021

続いてはNANDです。
・Micron(マイクロン)売上に占めるNAND比率は27%
・売上 +3% QoQ、+11% YoY
・Bit出荷 QoQ +10%台後半
・ASPトレンド QoQ -10%台前半
売上は成長したものの、NANDはASP下落率が二桁%台と非常にキツイです。Bit出荷は二桁成長なのに、売上は3%しか伸びていません。現在NAND大手各社と中国の新興メーカーがNANDのBit出荷を増やしており、メモリ半導体業界の供給の成長が需要を上回ります。

Micron(マイクロン)の決算と2021年メモリ半導体市況の考察

Micron(マイクロン)の決算を経て、2021年のメモリ半導体市況を考察していきます。

DRAM市況は21年を通じて強い

Micron(マイクロン)は2021年を通じてDRAM需要のBit Growth +10%台後半を予想しています。一方でMicron(マイクロン)自身のDRAM Bit GrowthはDemand成長率未満としています。現在DRAMのプロセスは10nm世代に突入しておりプロセスシュリンクが小刻みになったため、飛躍的なBit Growthは期待できません。これはDRAM大手のSamsungおよびSK hynixも同様であると思われます。このことからDRAMは2021年を通じて好市況(DRAMメーカーに望ましい)が続くと考えられます。なお、Micron(マイクロン)は1α世代のDRAM量産を2021年前半に行うとアナウンスしました。

アプリケーション別に見ると、DRAM市況は旺盛なサーバー設備通し及びスマホ出荷台数のリバウンド&5Gスマホシェアの倍増を背景にしていると考えます。特にCQ1は半導体の需要が季節的に弱いことで知られているのですが、DRAMの価格上昇により各顧客が在庫の積み増しに積極的になっており、引き続き積極的な需要が続くと思います。Business Koreaによると、12月の時点で各DRAMメーカーの在庫水準は適正水準である20日から10日水準まで半減しているとのことです。代理店などの市場在庫もほぼ、空っぽになっているのではないかと思います。

5Gスマホがメモリバブルを彷彿とさせる

個人的には5G Mobile DRAM需要が2017年〜2018年のメモリバブルを彷彿とさせます。2017年〜2018年にかけてスマホの出荷台数が伸びたことに加え、スマホ一台当たりのメモリ搭載容量が急増しました。あの頃は特に、ミッドレンジ以下と呼ばれる中価格〜低価格スマホが新興国を中心に普及したのですが中国スマホメーカーを中心に、これまでRAM 1GB + Storage 16〜32GB程度だったメモリ容量がRAM 2GB + Storage 32〜128GBと一台あたりのメモリ搭載容量が倍増しました。

背景を少し説明しますと、その頃すでにスマホ市場はコモディティ化していました。OSはAndroid or iOSの二択、チップセットもAndroidであればSamsungを選ばない限りQualcommかMTKもしくはAppleと言う形でスマホメーカーは馬鹿な消費者向けにわかりやすいメモリの容量とカメラの画質(特にセルフィー用のインカメラ)で差別化を図ったのです。

上述の通り、5Gスマホではスマホ一台あたりに搭載されるメモリの容量が増えます。これはもちろんスマホの高機能化に伴いSoCのメインメモリが増えるのもそうなのですが、5Gモデムにも別にDRAMが使われるらしいです。

下記のように2021年はスマホ出荷台数はリバウンドします、そして約40%が5Gスマホになるとのことですからスマホ需要は要チェックです(画像出典 Trendforce)。また、個人的にはHuaweiという巨大メーカーのシェアをOppo, Vivoなどの中華メーカーが狙っており、彼らはApple(自社OS+SoC)やSamsung(自社SoC)などの巨大なコンペを相手にわかりやすい差別化を図る必要があり、メモリ容量と増量攻勢を仕掛けてくるのではないかと考えています。

NAND市況は下期まで弱い

Micron(マイクロン)は2021年を通じてNAND需要のBit Growth +30%を予想しています。また、Micron(マイクロン)自身のNAND Bit Growthは30%をやや下回るとしています。ただし、Samsung、SK hynix (+Intel)、中国YMTCなどが2021年にBit出荷を増加させる見込みでメモリ業界全体としてはDemand Bit GrowthをSupply Bit Grwothが超す見込みでしばらくは供給過剰による単価の下落が続く見通しです。

製品テクノロジー別に見ると、3D TLC 128層の歩留まり向上、QLC品のRoll OutなどがNAND Supply Bit Gworthに寄与していると考えられます。しかしながら、NANDメーカーはある程度Capexを保守的に運用する見込みで、引き続き市場からの引き合いは強いため、2021年Q3頃を目処にNAND市況は改善するのではないかと予測されています。

ただし、上述の通りNANDはDRAMと異なりプレーヤーが多く、またSK hynixがIntelのNAND事業を買収することによりサーバーなどハイエンドSSDのシェアを一気に飛躍させます。このことからMicron(マイクロン)も焦りを感じているようでいち早く176層 3D TLCの量産開始をアナウンスしました。

Bit出荷を上昇させればシェアを上げることができ、シェアが命の汎用メモリに置いて非常に重要なのですが、一方で供給過剰を引き起こし、単価を下落させ収益性を悪化させるというパラドクスに陥ります。Micron(マイクロン)はもちろん超優良企業なのですが、SamsungやSK hynixが背景に持つ巨大な韓国財閥の資金力が無いため、その点では不利であると筆者は個人的に考えています。

メモリ半導体・DRAM市場を解説
メモリ半導体を代表するDRAM市場について解説。DRAMは歴史をたどるとIntel(インテル)などアメリカ半導体メーカーの独壇場だったが現在はSamsung(サムスン)、SK hynix(ハイニックス)、Micron(マイクロン)の3社の寡占市場。将来はEUV露光装置などの半導体製造装置の動向にも注目。

まとめ

Micron(マイクロン)の決算結果とメモリ半導体市場の考察のまとめです。

・DRAM市況は好転、2021年を通じて好調。サーバー、スマホ、ゲームが強い。
・通常、需要の弱い季節であるCQ1も顧客の買いだめからDRAM各社在庫水準は低下
・5Gスマホの普及はメモリ需要を押し上げる。筆者個人的には2017-2018年のバブルを思い出す
・NANDは下期まで弱い、需要は増えるがそれ以上に供給成長が高い
・SK hynixのIntel NAND事業買収によるNAND寡占化など、競争環境は激化
タイトルとURLをコピーしました